テンシの約束 第2章

  

現在、この作品は有料での先行公開中です
AWs premium - メリーさんのアモルなら月額500円で毎週更新されるメリーさんのアモルの作品を先行で読み放題!

 


 

 夢を見る。

 あなたの日々は

 聞き覚えのない、しかし美しき女性の声が俺に語りかけてくる。

 

 よげんしましょう。
 よげんしましょう。

 

 あなたの日々は
 春にゆったりと登り始め、
 夏にグッと駆け上がり、
 秋に少し下りはじめ、
 冬にガクッと下るけれど、
 正月にはまた駆け上がり、
 春には大きな決断をし、
 夏の雪の中、人生は大きな転機を迎えるでしょう。

 

 しかし、それではあなたは失敗する。

 

 よげんしましょう。
 よげんしましょう。

 

 あなたが救われるには……

 

◆ ◆ ◆

 

「おーい、三木、起きろってば」
 木村の声に目を覚ます。何か夢を見ていた気がするが、……多くの夢がそうであるように内容を全く思い出せない。
「起きたか。もう昼休みだぞ。昼飯どうすんだ?」
 という木村の視線の先には空っぽの実利の座席。
「本当だ。実利がいないなんて珍しいな」
 つまり木村が聞いてるのは、いつも一緒に食べてる実利がいないがどうするか、という事のようだ。
 実利はいつも家の弁当を食べる。食事も厳しく指導されてるらしく、俺みたいに母親が寝坊した時は学食か購買、みたいな事はない。
 弁当も詳しくはないけど仏教の精進料理みたいな宗教的なものなのかもしれないと思う。
「俺は弁当だよ。たまには一緒に食うか」
「おっ、そうこなくちゃ」
 机をくっつけて向かい合わせに弁当を広げる。

 

「なぁ、お前、登山に興味はあるか?」
「はぁ? あるわけないだろ」
 俺の体力のなさを知らないわけないだろうに。
「まぁ確かにな。いや、そこまで深く考えなくていいんだ。こう……ハイキング? みたいな」
「……まぁそれなら少し楽そうな気はするか。……で、ハイキングがどうしたんだよ」
 俺の質問に木村が「よくぞ聞いてくれました!」とテンションを上げる。
「俺の愛しの先輩のことは知ってると思うんだが、その先輩が登山に興味があるらしくてな」
「なるほどな」
 愛しの先輩とは、この木村が片想いしている三年生の先輩の事だ。確か日向ひゅうが 陽光ひかりとか言ったっけ。
「で、どこの山に登るんだ?」
「あぁ。長門区の南西に西苑山せいえんやまってあるだろ?」
「あぁ、低めのすり鉢状の山だよな。足立区との境にある奴」
「そうそう。足立区に通じる国道のトンネルが通ってる山な。俺も昨日まで知らなかったんだが、そこに登山道が通ってて、山頂には長門区を一望できるらしい」
「へぇ、確かに良さげじゃないか」
「だろ? そんなわけで俺は先輩を誘うから、お前も誰か誘えよ」
「そうだなぁ、そうするとやっぱり実利になるか」
「いいんじゃねぇか? 崎門さんは帰宅部だけどスポーツは得意って聞くし。じゃ、今度の土曜日だから、よろしくな!」
 いつの間にか完食していた木村はそのまま立ち上がり、先輩に声かけてくるぜ、と意気揚々と教室を出て行った。
 恐ろしい早食いだ。そんなに先輩を誘うのが楽しみだったのか。
 まぁ俺も人のことは言えないか。実利を誘うと決めた瞬間、予定が一気に楽しみになってきた。
「よう、帆夏。まだ飯の途中か。この席借りて良いかな?」
「いいんじゃねぇの。その席の主人は今浮かれて3階だし」
「? じゃあまぁ失礼して」
 と実利が目の前の木村の席に座る。机の上に置いたのは購買のパンたちだ。
「どうしたんだよ、それ」
「いや、料理をしてたじっちゃの弟子たちが怪我してな。今日だけ購買で食べていいことになったんだ」
「なるほどな。貴重な購買食を楽しめよ」
「何目線だよ」
 実利が笑う。
「あ、そうだ、実利。お前、登山というかハイキングと言うかには興味ないか?」
「はぁ、どっちだよ。トレッキングなら時々するけど」
「あー、すまん、どう違うんだ?」
「まぁ、厳密な定義はないらしいけど、まず、登山ってのは頭頂、つまり山頂を目指すのが目的な事が多いな。一方でハイキングってのはより気軽な山歩きで、頭頂を目的とはしない。例えば山の中腹に見晴らしがいい開けたところがあったらそこを目標にしたりする事もある。トレッキングってのはよりそれを長時間やる感じだな」
「つまり、登山、トレッキング、ハイキングの順番に緩いってことか?」
「まぁそれでもいいんじゃないか。トレッキングと登山のどっちがハードかはコース取りによるだろうけど」
「なるほど。ならその定義で行くと山頂近くを目指すハイキングって事になるのかな。どうかな?」
「行く山によるな。山をさんって読む山にはあんまり行きたくないんだが……」
 よく分からない拘りだな。
「あぁ、それなら大丈夫。西苑山だから」
「西苑山……あぁ、あのすり鉢状の……」
「まずいのか?」
「いや、大丈夫だろ。ただ、当たり前だが登山道から下手に外れない事だけ約束してくれ」
「あぁ、分かった。伝えておく。何かあるのか?」
「………」
 実利は逡巡するように俯いてた後、顔を上げて答えた。
「……。えっとな、あの辺でマムシが出たって話があったはずだ。血清を打つのが遅れて、なんとか助かりますようにとうちに祈りにきていた人がいたからな」
「マムシって確か毒蛇だっけ?」
「あぁ。血清を打たないと死ぬほどのな。だから、道に外れるのは危ない」
「なるほど。そりゃ危ないな。しっかり伝えておく」
 まだこの先人生は長いんだ。まだ死にたくない。
「で?」
「で、とは?」
「運動嫌いのお前が登山なんて提案するわけないだろ。どういう風の吹き回しだよ」
「あぁ、まさにその席の主だよ。木村の奴が、憧れの先輩と登山したいんだと。ただいきなり二人っきりなんて無理だろ? だからこう、何人かと一緒に行くってことにしたいんだとよ」
「なるほどな。確かにそういう意味じゃ、私は誘いやすいし、その先輩を安心させやすいか」
 いや、そういう意図じゃなかったんだが、変に否定しても怪しいし、そういうことにしておこう。
「ハイキングってことは昼飯とか用意するのか? 木村の奴に出来るとは思えないが」
 確かに。
「いや、そういえば聞いてないな。あとで確認しとくよ」
「おう。最悪の場合、私の登山道具を持ってくるよ。料理は持ち寄れる食材次第で要相談ってことで」
「へぇ、実利って料理できるのか」
 ちょっと意外だ。家ではお弟子さん任せだから研鑽する時間なんてないかと思った。
「山の中での簡単な料理に限るけどな」
 よく運動してるのは知ってたが、想像以上にアウトドア派だったんだな。と実利の新しい一面を知る。
 ……俺も運動したら、実利と一緒にトレッキングとか出来るかな。
 いや、いくらなんでも今更すぎるか。こんなことなら小さい時からもっと運動しとくんだったな、本当に。

 


 

AWs Premium -メリーさんのアモル の登録はこちらから!
(Pixiv FANBOXにジャンプします)