栄光は虚構と成り果て 第6章

現在、この作品は有料での先行公開中です
AWs premium - メリーさんのアモルなら月額500円で毎週更新されるメリーさんのアモルの作品を先行で読み放題!

 


「おぉ、うまくいったね!」
 ジオが飛び上がって喜ぶ。それはちょっと大袈裟じゃ……、とコトハは呟きかけるが、
「いや、これでようやく旅人の基本である風除けを使えるようになったんじゃ。砂嵐の時に大きめに風除けを作って皆でコトハを庇わんでも良くなる」
「……ご迷惑をおかけしました」
 続くズンの言葉に思わず謝罪する。そう、コトハはついに風除けの魔術を使えるようになったのだ。
「空中に文字を書く魔術は本来風除けの応用なのにな」
 ルチャルトラが肩を竦める。心なしか嬉しそうだ、とコトハにも分かった。
 そして同時に何も言わない裏でそんなに迷惑をかけていたのか、と少し無念に思った。
「それにしても、右手で壁をイメージして突き出すだけでうまくいくなんて」
「コトハは空中に文字を書く魔術も右手を筆にしておった。コトハの場合右手がそう言ったものの象徴なのかもしれんのう」
 象徴、そうなのだろうか、コトハは考える
「あ」
 そこでコトハは一つ思いついた。
 先日身につけた謎の透視能力。一度目は意図せず発動して状況の記憶もおぼろげだが、二度目は、最初発動せず、両目を両手で覆うと、右目にだけ透視が発動した。これはもしかして、右目を右手で覆っていたから、右目に発動したのではなかろうか? と。
lai zomp可視化
 早速試す。右手を横に、両目を覆う。
「おぉ」
 バッチリだ。しっかりと両目に真っ暗な世界に人間(ルチャルトラ含む)だけが白い光の輪郭を持って表示される。
「あれ?」
 てっきり命を持った存在だけが白く光って見えるのかと思っていたコトハだったが、振り返ることでそれが誤りだと知る。
 振り返った先に見えるのは先ほど正式に地図を更新してもらったターミナル町だ。そしてそれが白い光のドームのように見える。極めて薄くて小さいが。町全体を白い光が覆って見えるのだ。
 コトハは少し不思議に覆ったが、そんなことより重要な発見に浮かれ、そのことはすぐに頭の片隅に放置される運びとなった。
 ――そっか。この右手は私が魔法を使ったりするのをアシストしてくれたり、必要な能力を提供してくれたりするんだ。確かに右手に能力が宿るって、割とよく見るもんね
 とりあえずコトハは自分の右手を「魔法の右手」と呼ぶことにした。

 

 ところがもう一つの基本的な魔術の取得は困難を極めた。
「いちいち右手を足に持っていくわけにもいかんし、両足は触れないからのう」
 そう。もう一つの基本的な魔術、足元の砂を固めての砂丘登りである。
 魔術のコツ(=魔法の右手)を掴んだと大はしゃぎのコトハに容赦無くズンが突きつけたのである。
 まぁ実際、目の前の砂丘を越えるのが目的地である遺跡への最短ルートなのは確かなのだが。

 

 何度目かの砂丘滑りを体感したコトハは既に肩で息をしていた。
「もうこうなったら、砂丘丸ごと固めてしまえ!」
 もはや何十回めになるかわからない惨めな砂すべりを披露したコトハの中にそんな衝動が大幅に溢れる。
 ――fatil zomp引き出せ
fatil zomp引き出せ
 衝動に従い、頭に浮かんだ言葉を叫ぶ。
 直後、コトハの手の先に膨大な熱量が発生し、周囲一帯の砂丘全てが固形化した。
「な、なんという量のサーキュレタリィリソースじゃ……」
 ズンさんが驚愕の声を上げる。
「ご、ごめんなさい、つい衝動的に」
「いや、まぁいいんだけどよ……こりゃすげぇな」
 ルチャルトラも驚愕の声を漏らす。
「コトハ、お主今、どこからそれだけの量のサーキュレタリィリソースを取り出した? 体内にそれだけのリソースを溜め込んではおるまい?」
「え、えーっと……」
 そもそもサーキュレタリィリソースってなんだ、と思うコトハ。文脈から考えて魔力の正式名称か。
「え、えーっと。超獣を消すときと同じ、なんか念じたら、出来た……」
「なんじゃと? ……ふむ……なるほど……」
 コトハの回答に考え込んでしまうズン。
「まぁ、そんな事はあとでいいじゃん。そんなことより、せっかく歩きやすくなってるんだ。今のうちに行こうよ」
 ジオがそう言うと同時、さっさと固まった砂丘を登っていく。
「あ、ズン、考え事はあとにしようぜ、とりあえずさっさと移動しちまおう」
「……そうじゃな」
 ズンとルチャルトラも固まった砂丘を登っていく。

 

 そうしてひときわ大きな砂丘を越えた先、ぽつんと人工物が見えてきた。
「……地下鉄?」
 それは東京メトロとか、そういう地下鉄の入口のように見えた。
「っていうか、駅名だよね、あれ。よろこび……つらなる……うり……はかい?」
 漢字のように見えたのだが、コトハの知識ではどう考えても名詞になりそうになかったので、諦めることにした。
 また、他の三人もこの文字は読めないらしい。
「ここを降りるの?」
「おう。暗いから気をつけるんだぞ」
「いや待てルチャルトラ。コトハよ、今度は光源を作る魔術を練習するとしようか」
「え、もう遺跡が目の前なのにお預け?」
「いや、入っても少し入り組んでおる。明かりを作ることができれば、どうせ中で手こずるぞ」
「う、そう言われると仕方ないか」
 右手に魔力を集める。
 ――光れ!
 右手の魔力が発光を始める。
「出来た!」
「ふぅむ。右手を起点にさえすれば発動は容易というわけか……」
「よっし、行こう!」
 コトハが早速階段を降りていく。
 残りの三人も各々光源魔術を発動させて階段を降りていく。

 


 

AWs Premium -メリーさんのアモル の登録はこちらから!
(Pixiv FANBOXにジャンプします)