栄光は虚構と成り果て 第7章

現在、この作品は有料での先行公開中です
AWs premium - メリーさんのアモルなら月額500円で毎週更新されるメリーさんのアモルの作品を先行で読み放題!

 


 

 砂塵を巻き上げながら進むその影はまだ遠かったが、しかし明らかに巨大で、既にここまで地響きが届くほどだった。
「あ、あれを覆うほどの円?」
 描けるのか、そんなものを。コトハは不安を覚える。
 と、後方で何かが稼働する機械音が鳴り響く。
 見れば、砂地の中から二門の砲塔が出現していた。
「エネルギー砲が一基だけ生きてた! こいつで時間を稼ぐが、長くは保たないぞ」
 どこからか聞こえてくるのはスーマの声だ。どこかにスピーカーがあるのだろう。
 直後、エネルギー砲とやらからびゅんびゅんと音を立てて緑色の光の塊が交互に発射されていく。
「ふぅむ、廃都にあるという戦艦遺跡に搭載されとるのと同じ武器か」
「ハイト?」
 気になる単語が聞こえたので思わず反応するコトハ。
「今はそれどころじゃねぇだろ。俺はいつもみたいに足を狙う。二人はどうする?」
「僕のサンドガンが効くとは思えないからなぁ、ここはコトハを守るのに徹するよ」
「ワシも力にはなれなさそうじゃのう。どれ、スーマを助けられんか様子を見てこよう」
 ズンはそう言うと、地下施設の中に降りていった。
 こうして、前進するルチャルトラと、コトハの側で構えるジオ、そして不安に駆られるコトハが残された。
 エネルギー砲を受け、超獣が僅かに進路を変える。
「ってことは……」
「効いてるんだ。へぇ、やるじゃんあの緑のやつ! あれを何とか武器に出来ないかなぁ」
 ジオはエネルギー砲の強さにテンションが高まっている。
 しかし、それどころではないのがコトハの心境だ。
 もっともシンプルな作戦は事前に穴を書いてそこに誘導する事だが、ことこの状況においてはその作戦は可能とは言えなかった。
 なにせ、魔術で空中に描いた線は、物体にあたると掻き消えてしまうのだ。事前に円を書いたとて、そこに超獣が入れば、その部分の線が消えてしまう。
 ――つまり、超獣を誘い出した上で、消えた円の部分を描き直さなきゃいけない
 だがそれもまた困難だ。
 なにせコトハは見えない場所に線を引けない
 ――つまり、超獣を誘い出した上で、超獣が円の中にいる間に、超獣の背後に回り込み、円を完成させる……?
 そんな事が可能なのか。
 しかし、コトハの逡巡など関係なく、超獣は歩みを進める。
 エネルギー砲とやらは少なくとも多少のダメージを与えてはいるようだが、コトハ達の元に接近してくるまでに倒れると言うことはないだろう。
「覚悟を決めるしかないか……」
 コトハは右手を構える。
 直後、超獣が大きく口を開け、口から熱線を吐き出した。
「伏せて!」
 とっさに、ジオがコトハを押し倒す。
 衝撃波すら纏う膨大な熱量の熱線がコトハの真上を通り抜けていく。
 その膨大な熱量はエネルギー砲を一瞬で溶かし尽くす。
「う、うそ……」
 冗談じゃない。あんな熱線になんの対策もなく対処できない。
 急速にコトハの戦意が失われていく。
「戦う」と言う選択肢が占めていたコトハの脳裏に「逃げる」と言う第二の選択肢が浮かび上がってくる。
 逃げるを選べばとりあえず自分の命は助かるだろう。だが、奥に行ってしまったズンとスーマは見捨てることになる。
 先に進んでいるルチャルトラも見捨てることになるかもしれない。
 それでも……。
 ――あれに、勝つ?
 それは到底現実的な思考とは思えなかった。
 視線は背後に、ルチャルトラに、そして超獣に。
 超獣の鳴き声ひとつ。コトハの逡巡は終わった。
「っ」
 コトハは黙って超獣から背を向けて駆け出した。
 ――冗談じゃない! あんなのには勝てない! ズンもルチャルトラも、ましてスーマなんて知るもんか、まずは、まずは自分が生き残らなきゃ!
 そうでなければ、この世界に来た意味はないのだ、と、コトハの心が叫んでいる。
 しかし、ある程度離れたところで、コトハが足場を固めた、その範囲から出て、足場が砂地に変化する。
「きゃっ!」
 無慈悲にも砂がコトハの足を掴み、虚しくコトハはその場に転倒してしまう。
「コトハ!」
 ジオが駆け寄ってくる。
「くそう、この、fatil zomp引き出せ!」
 もう一度広範囲を固めようと、コトハは以前と同じ呪文を唱える。
 前と同じように、光が溢れる。しかし、
「【gix警告den yol fatil zomp im fen fol短期間でリソース引き出しを使用することは出来ません
 見たことない文字がコトハの視界に映し出される。何故か意味を理解できる。
 ――なにそれ、クールタイム制って奴!?
 超獣が光に反応してか、コトハの方を向き、口を開く。
「コ、コトハ!」
 ジオが慌てるが、もう時すでに遅し。膨大な熱量が超獣の中で生成され、コトハに向けて放たれる。
 ――うそ、こんなところで、死ぬの……?
 コトハの脳裏にこれまでの記憶が走馬灯のように駆け巡る。
 ジオとの出会い、ズンとの出会い、自らの力と感謝の言葉、ルチャルトラとの出会い、そして、怒号に塗れた父親との生活。
 そして、白衣の男達に囲まれベッドに寝かされていた時の記憶。
「え……?」
 ――こんなこと……あったんだっけ?
 しかしその疑問を解くより早く、全てを融解する恐るべし熱線が迫る。
 走馬灯の記憶の中の男達が言う。
「資源回収装置埋め込み手術を開始する」
 迫る熱線にダブる伸びてくる手。どちらに怯えたのか、コトハは目を閉じる。

 


 

AWs Premium -メリーさんのアモル の登録はこちらから!
(Pixiv FANBOXにジャンプします)