Tweet

 

 

                  
退魔師アンジェ 第九章
『”無血無涙の鉄男”中島 隼之丞』

――「その職にふさわしくない者はすぐに処分したりするが、よく考えてみると、その役を十分に務めてくれるだろうと見たのはその主だ。目利き違いなのだから、主の罪は臣下よりもなお重い」(筑前国福岡藩祖・黒田官兵衛)――

 

 夢を見ている。自分は自分ではない姿でここにいる。
 山伏の姿をした私と仲間たちは山を登っていく。
 やがて眼前に広がるは驚くほど濃い魔の気配。
「間違いありません。やはり彼の言う通りでした」
「えぇ。彼は優れた陰陽師です」
 仲間と頷き合い、目の前に広がる魔の居城にノックする。
「なにものか?」
「修行中の山伏でございます。どうか、一晩宿をとらせてもらえませんか?」
「この―――に山伏じゃと? うぬら、京のものではあるまいな?」
 長い問答の末、魔の警戒を解くことに成功した私達は魔の歓待をうけることになる。それは同時に第二の試験でもあった。それが魔によって拐われた人の血であり肉であることはすぐに分かった。けれど、それを拒めば、すぐさま魔の不況を買い、殺されてしまうだろう。私達はそれを平らげた。
「酒はいいよなぁ。俺も酒が好きでなぁ。だから――――なんて呼ばれてんのさ」
 気を良くした魔は陽気に自らの身の上を話し出した。
「お酒がお好きでしたか。それでしたらいいものがございます。修行の途中に助けた者からもらったものなのですが、自ら飲むわけにもいかず、持て余していたのです。よかったら、いかがです?」
 嘘だ。これは我らの神からもらった恐るべし毒の酒。しかし、魔はこれまでの下ですっかり私達を信用してしまったらしい。快く、そのお酒を飲んだ。
「な、か、体が……。うぬら、俺を謀ったのか……!」
「当然だ、人を脅かす鬼よ。汝を討つのに理由がいるか?」
「情けないぞ客僧たち、偽りなしと聞いたというのに、鬼の道になき横道を」
 私は刀を抜く。見慣れたいつも通りの刀、そして白い光が刀に纏う。
「まさか、その光は……。俺はぞ。――――の息子たるこの俺を、その光で退けるというのか」
「黙れ。貴様如きがを名乗るのか。貴様らなど下賤な―――よ」
「愚弄するか! おのれ、おのれ、――!!!!!!」
 その白い光を纏った刀が魔に向けて振り下ろされる。

 

 眩しい白い光に思わず目を開ける。それは、蛍光灯の光だった。
「夢?」
「よかった、目が覚めた」
 アキラがベッドの横で私を出迎えてくれた。よくは覚えていないが、学校での戦いで、倒れてしまったんだった。
「目が覚めましたか、アンジェ」
 アオイさん……、とそちらの男性は?
「私と同じく宮内庁霊害対策課の蛇崩じゃくずれ リュウイチです。査問会に討魔師を召喚する際には、最低2名の戦闘員が護衛につくことになっていますから」
「護衛? 査問会? 召喚?」
「えぇ。如月アンジェ、あなたには神秘による建造物破壊の咎で、査問会への召喚令状が出ています」
「神秘による建造物破壊?」
 見に覚えのない話だ。
「話は道中にでも。立ってください。退院の手続きは済ませました。大丈夫、あなたが学校の龍脈を守ったのは事実なのです。最大限酌量してくれます」
「えっと、その、私が、何かを壊した、んですか?」
「……本当に覚えてないんですか? あなたは、その力を暴走させ、間接的に学校に仕掛けられた爆弾を起爆、学校に甚大な被害をもたらしたのです」
「そんな……」
 アオイさんの言ってることが、よく分からなかった。
「分かりました」
 私が学校を破壊した? 私が生徒たちを殺した?

 

「やぁ、君がアンジェさんか。娘がお世話になってるね」
 アオイさんに言われるまま車に乗ると、運転手からそんな声がかけられる。
「えっと……?」
「僕は中島マモル。アオイの父です」
「はぁ、お父さん……。あっ、こちらこそお世話になっております」
「あんまり硬くなってるとこれから大変だよ。この後、アオイの母と、祖父、それに曽祖父にまで会うことになるからね」
 ハッハッハとマモルさんが笑う。笑い事ではないような気がする。
「そうだ。笑い事じゃない。君にとっても本意ではないとはいえ、被害者が出てしまったんだからね」
 私の表情を感じてだろうか、険しい表情になって、そんな話を始める。
「あのままじゃ、龍脈結集地は敵に奪われていた。それもまた事実だ。でも守れさえすれば他はなんでも失っていいわけじゃない。それは分かるよね?」
「はい」
 その通りだと思ったので頷く。
「うん。それさえ分かっているなら大丈夫。なに、君はまだ若いんだし、まだまだ挽回のチャンスはあるさ。お爺さまも分かってくれるさ」
 どうやら、行き先は中島家が大集合しているらしい。
「はい、ついたよ」
 その建物は宮内庁の所有になってるらしい倉庫だ。
「これを」
 アオイさんが札を渡してくれる。
「これを持っていないと、入れませんので」
 これは? と尋ねようとアオイさんに視線を向けると、尋ねるより先にアオイさんが説明し、そして倉庫の扉を開ける。
 扉の先にはおおよそ外のボロ……クラシックな見た目とは似つかない近代的な建物の内装が広がった。
「少し失礼」
 アオイさんが私の手首を掴み、そして手の中から、札を奪う。
「あっ」
 すると、扉の先が周りと同じボロ……クラシックな内装に変化した。
「こう言うことです」
 アオイさんが再び札を渡してくれる。
「では、こちらへ」
「おい、俺の分の札は?」
「あなたはここで対象がこの家屋から逃走しないように警備を、と」
「了解だ」
 要は私が逃げないための殿か。実際には逃げないだろうから、この人は実質、この寒くなりつつある外で棒立ちという訳だ。気の毒に。
 そしてアオイさんに導かれるまま建物の二階に上がると、そこに三人の人間がいた。
「私から紹介します。まずこちらが中島ミコト課長。私の母です」
 アオイさんの母、つまり高校生の母親とは思えない若さだ。そしてアオイさんから提供される札を作ってくれている人でもある。
「いつもお世話になってます」
「こちらこそ、娘がお世話になってます」
 アオイさんがそのやりとりを見届けてから、次の男性のそばまで移動する。すると父、……はさっきのマモルさんだから。
「こちらは中島チハヤ。日本の霊害対策組織を統括する立場にあります。私の祖父です」
「祖父!?」
 失礼ながら思わず驚いてしまった。
「中島の家は過去に長命の妖と交わったと言われていてね、基本的に長生きなのさ」
「第二次大戦の時代に現役の討魔師でした。大戦においても表の世界であれば名が残った程度の活躍をしたとか」
 アオイさんが補足の説明をする。だとするとかなりの高齢だ。
「そして、こちらが中島ハヤノジョウ。私から見ると曽祖父にあたります。既に現役を退いていますが、最高齢の中島の者として、重要な事態にはこうして関わってくださっています」
 曽祖父……。まだ祖父と言っても通じそうだ。
「そして、最後に、先ほど自己紹介されていましたが、中島マモル警部補です。警視庁刑事部刑事総務課資料2係……通称、対霊害捜査班の実質的リーダーです」
「いやぁ、まとめは係長にしてもらってて僕は霊害について知識があるからってアドバイザーみたいなことをしてるだけだから」
 ははは、と笑うマモルさん。それにしても、この日本の霊害対策のほとんどに中島家が絡んでいると聞いたけれど、どうやらそれは真実らしい、と、改めて理解する。
「もう良いかの?」
 ハヤノジョウさんのゴホンと、大きな咳払い一つで一気に空気が鎮まる。
「さて、如月アンジェよ。お主は自身の力の制御を失い、学校を破壊した。物損ならず、傷害に殺傷までも。しかし、それは神秘の世界の話、表の世界において、それがお主の所業であるとは誰にも分からぬ。誰にも裁けぬ」
 鋭い眼光がこちらを睨んでいる。そうか、死者までも出ていたのか。
「故に我ら宮内庁霊害対策課がお主を霊害犯罪者として裁く、此度、お主に来てもらったのはそういう訳だ」
「私は警視庁の所属だけど、アオイから頼まれて君の弁護をやるよ!」
 なるほど、本職じゃないなりに弁護人はいるのか。確かに霊害事件を一般の法廷で裁くわけにもいかない。弁護人がいるならひとまず公平と納得しておこう。
「なら、チハヤよ。話を始めるがいい」
 ハヤノジョウさんの進行にチハヤさんが頷く。
「如月アンジェ、君は自らの血の力を暴走させ、魔術師安曇が起爆してから不活性状態にすることで魔術的な爆弾としていたプラスチック爆弾C4を起爆させ、特殊龍脈結集地第6号として知られる学校校舎を破壊せしめ、その生徒教師合計70名を負傷させ、うち4名を殺害した。何か反論はあるかな?」
「70……名も……」
 どうしていいか分からない。70人もの人間を負傷させてしまった。まして4名も……。
「それはおかしい。70名の負傷も4名の死亡もアンジェさんに責任を押し付けるべきではない。その責は爆弾を仕掛けた安曇にあるべきだ」
 何も言えない私に代わり、マモルさんが反論する。
「だとしても、起爆した彼女に責任はあるのでは?」
「なるほど、どうしても、起爆した彼女に責任があるという。なら、その責任は我が娘アオイにもあると言わざるを得ない。まず、アオイが爆弾を知ったとき、速やかにこれを解除していれば、このような問題にはならなかった。違いますか?」
「もっともな意見だ。アオイよ、証言するが良い、何故なにゆえ爆弾を解除せなんだか、を」
 ハヤノジョウさんがその見解に同意し、アオイさんが円形に並ぶ皆の中心に立った。
「私が爆弾を解除しなかったのは、この爆弾が先の説明より複雑な事態にあったからです。爆弾は一度その不活性化を安曇により解除されており、それを英国の魔女が再封印した形でした」
「これについては、宮内庁に解除のための要員を派遣するようにとの要請を受けています。証言を裏付けていると考えて良いかと」
 ミコトさんが資料を取り出す。
「なるほど、二つ以上の魔術が同時に影響を及ぼし合っていた、故にアオイの知識ではどうしようもなかった。宮内庁はミコトという例外を除き、魔術に精通しているとは言い難い、止むを得ないな」
「えぇ。ところが、問題はそこではありません。アオイ、君はアンジェにその爆弾のことを話したかな?」
「それは……いえ、話してはいません。英国の魔女による封印は強固でしたし、英国の魔女は未届出とはいえこちらと敵対はしていませんでした、ですから、利用される可能性は低いと考えたのです」
「このように、アンジェさんはそもそも爆弾の存在を知らなかった。力を使えば学校が損壊し、死傷者が出るなどと想像できる状態ではありませんでした。加えて、能力の行使自体は合理性のある判断です。そうでしたね?」
「はい。あのままアンジェの力がなければ、我々2名はイブリースなる上級悪魔の軍団の前に敗れ、龍脈を奪われていた可能性が高かった。彼女の力に救われたのは事実です」
「どうでしょう? 彼女は爆弾の事を知らなかったが故、合理的な判断として力を使った。それだけなのです。当然、知らぬこととはいえ結果的に人を傷つけたのは事実、しかし、爆弾の事を彼女に知らせなかったアオイにも大きな責任があると言えます」
 確かに私は爆弾の事を知らなかった。しかし、知っていたら使わなかっただろうか……。
「しかし、その力は本人の意志で使ったものか? 報告では暴走していたように見える、と聞いているが、どうか?」
「如月アンジェ、答えるがよい」
 案の定、そこを聞いてきた。アオイさんとマモルさんが何かこちらに言いたげに視線を向けている。恐らく、自分の意志だと答えるべきなのだろう。
「全く覚えていません。恐らく、その、制御を失ってしまっていた、と思います」
「アンジェ……」
 やはりアオイさんから何故、と問うような視線を向けられてしまう。
「ふむ。決まりだな。如月アンジェ、お主は正しくその力を扱うための師を持たない。その力を制御出来る様になるまでにどれほどの被害が出るか分からぬ。故に、お主がその力を行使する事がないように、お主から討魔師としての資格を剥奪する。当然、お主の刀剣……出自は我らでさえ知らぬが、それも回収させてもらう」
「そんな」
 アオイさんが反抗しようとハヤノジョウさんに向き直る。が、
「たわけ。事実を変え、罪を騙り、儂を謀ろうとしたこと、気付かぬと思うてか。潔く答えた如月の娘の方がまだ見るに耐えるわ」
 ハヤノジョウさんは厳しく叱責する。
「そういうわけだ。申し訳ないけど、早速その刀は宮内庁刀剣管理課の元に返還してもらおう。言っておくが抵抗しようとは考えない方が良い。君が刀を抜くより、こちらの方が早い」
 そうは思えない距離だが、チハヤさんが刀を手にそう告げる。
「ダメですアンジェ。お祖父上さまは、「誰より早く刀を抜いて、誰より早く振るえば、誰にも負けない」と豪語し、あまつさえそれを実現してしまう人です」
 なんだそれ、化け物か。
「それは困る。呼夜見十二家こよみじゅうにけの最後の一つを滅ぼさせるわけにはいかない」
 突如、倉庫の扉が吹き飛ばされる。そこにいたのは悪路王とナイトゴーント達だ。
「くっ、数が多すぎる。海結莉うみより!」
 どこからともなく弓が降り注ぎ、ナイトゴーントを打ち倒していくが、それでも、数体と悪路王は突入してくる。
「そんな、札なしでは入れないはずなのに」
「悪いけど、空間には少し知識があってね、位相がズレた程度じゃ問題にならないんだ」
 次の瞬間、チハヤさんが悪路王を両断していた。本当にあの距離を一気に詰めたのか。
「幻像か」
「おっと、噂に聞いてた通りおっかない人たちだ。仕方ないな」
 しかし両断された悪路王は影の如く消え、私の隣に現れる。そして、パチンと指を鳴らす。黒い壁が私と周囲を隔てる。
「なぁに、要はこの子の力がなければいいんだろう?」
「破壊できんのか?!」
「空間を歪めて防壁にしてる。力技で無理です」
 悪路王の発言は無視して怒鳴るハヤノジョウさん、しかしチハヤさんが首を横に振る。
「アンジェ、少し痛いかも。ごめんね」
「なっ、体の中に腕が……沈んで……」
 指を首筋に当てられ、ちくっとしたと思うと、何かが抜けるような感覚を覚える。アオイさんの反応からすると凄いことが起きてるらしい。私は体を動かせない。何かしらの金縛りの術だろうか。
「これでよし」
 防壁が解除される。
「これでこの力は僕が貰い受けた。彼女にはもうない」
 悪路王が腕の中に白い発光体を見せる。
「これは、聞いて想像していた以上に強い力だ。だが、彼女の道をここで終わらせるわけにはいかない」
 ミコトさんから飛んできた札を光で分解し、飛び去っていく。
「あのお母様の札を分解する様子、確かにあの光ですね」
「お義父さん、どうします? 力が奪われたのなら、制御を失う心配はありませんが」
「そうだね。じゃ、如月アンジェの討魔師は継続って事で。アオイは本当に如月アンジェから力が失われたのか経過観察を続けるように。もし、力の発現が見られたら査問会を再び開くからね。それから、アオイへの刑罰は追って査問の機会を設ける事とする。この場所は暴かれちゃったからね」
「分かりました」
 そんなあっさり、と思ったが、先程の査問会で私の罪は力の暴走となったのだから、力がなくなれば罰する理由がない、と言う事なのかもしれない。だとすると、父の仇を討つため戦い続けなければならない私からすれば、力を奪ってくれたその悪路王には感謝すべきなのだろうか。
 そんなバカなことがあるものか。あいつは、父の仇だ。何を思って助けたのかは知らないが、絶対に私が討滅してやる。
「では、アオイよ。如月アンジェにあの話をしてやると良い。そして正式にこの周辺地域を統括する任につけ」
「はっ」
 そして外に出る。マモルさん、ミコトさん、チハヤさん、ハヤノジョウさんは車で帰り、そして私とアオイさんの二人が残された。
「では、状況を説明したいところですが……、そう言えばアンジェさん。あなた、前にこの辺で友人と遊んだと言っていましたよね? この辺りで座れる場所はないでしょうか。可能なら、神秘の話をしてもゲームとかの話だと思われるくらいのサブカルマシマシで、あと会員制だと助かりますね」
 困ったことに思い当たる節が一つしかない。
「それなら、ちょうど向こうの通りを4つ目の交差点で左に曲がって少し歩いた右手に、メイド喫茶がありますよ。あくまで入り口で少し待たされる程度ですが、会員制です」
「いいですね。アニメや漫画を好きな層が集まる場所なら、神秘の話も漏れないでしょう。それに会員制なら、スパイも入りにくい。尾行してきてもそこで止められますからね。止められてる相手の素性を確認するだけでいいですから、店全体の確認よりはるかに楽です」
 なるほど。確かにそうだ。まさかメイド喫茶の従業員が霊害犯罪者なんていうミラクルはそうそう起きまい。
「ですが、座学は後回しのようです。今、タクシーを呼びました。急いで我々の管轄エリアに向かいましょう」

 

 そこに広がっていたのは膨大な量の瘴気だった。
「な、なんで」
「あなたの力の暴走、我々はホワイトインパクトと呼んでいますが、それ以降、この我々の担当地域とその隣接する周辺地域で瘴気が異常発生しているんです。呼応して他の霊害もそれを目眩しに活動を始めてるとも聞きます。
「これも、私の、せい?」
「それは分かりません。私達に分かることは、これに対処しなければならない、と言うことでます」
「アオイさん、あれ!」
 瘴気は人の精神を冒す。今、まさに、ビルから飛び降りようとしている彼は本心からそれを為そうとしているわけではないだろう。
「!」
 まさに落下を始めた男の体にルーンが煌めき、ゆっくりと地面に着地する。
「英国の魔女?」
「えぇ、この地域を自分の領分と言うだけあり、彼女はこちらを助けてくれているようです」
 不本意ですが、とアオイさんが説明する。
「私は周辺地域の状況をまとめて管理する役目を担いました。今日は私も居合わせましたから、協力しますが、普段はあなたと、そして、そこにいるもう一人の協力者で凌ぐしかありません。やれますか?」
「もちろんです。今度こそ、私みたいな犠牲者を出すわけには行きません!」

 

to be continued...

第10章へ


面白かったらTweetボタンをクリックしていただけると励みになります。

 


 

「退魔師アンジェ 第9章」の大したことのないあとがきを
こちらで楽しむ(有料)ことができます。

 

 

プライバシーポリシー

©AWs -Another Worlds- 2019