縦書き
行開け

光舞う地の聖夜に駆けて エピローグ

分冊版インデックス

EP-1 EP-2 EP-3

 


 

 ピーターの兄の家の前にボロボロになった車が止まる。
「おっさん、ありがとう」
 そう言いながら、ピーターが車を降り、続いて匠海とタイロンも車を降りる。
「お互い、大変だったな」
 そう言いながら匠海がタイロンに右手を差し出す。
 その手を握り、タイロンも、
「おたくさんらのおかげでイーライを捕まえることができた。感謝する」
 そう言って両手を広げる。
 匠海が「仕方ないな」というような顔でハグに応じ、互いに背中を叩き合う。
「……」
 タイロンに何かを囁かれた匠海が少し悲痛な面持ちになる。
 その後、ピーターともハグで健闘を称えたタイロンは「それじゃ、」と車に乗り込もうとした。
「……タイロン、」
 車に乗ろうとしたタイロンを、匠海が呼び止める。
「どうした?」
「……ありがとう」
 そう言って、匠海が笑んで見せる。
「おっさんも、元気でな」
「だから俺はおっさんと呼ばれる歳じゃないと」
 タイロンがそう反論するがそれに怯むピーターではない。
 少し、ニヤニヤしながらピーターも手を振り、車に乗り込むタイロンを見送る。
 走り去る車を見送り、それからピーターは緊張した面持ちで玄関を見た。
「……遅刻も遅刻、大遅刻だからな……」
「安心しろピーター、いざという時は俺も助太刀する」
 匠海に励まされ、ピーターは思い切ってドアを開けた。
「ピーター!!!!
 ピーターがドアを開けた瞬間、奥からピーターの兄が飛び出してくる。
「何の連絡もなく帰ってこなくて、どうしたんだ!」
 そう、心底心配した口調でピーターに声をかけ、それから全身を見る。
「怪我してるのか? 大丈夫か?」
「……あ、ああ大丈夫だ兄さん」
 怒ってない? とピーターが恐る恐る兄の顔を見る。
 兄はというと、少しだけ泣きそうな顔でピーターを見ていた。
「どれだけ心配したと思ってるんだ。とにかく、無事でよかった」
 そう言ってから、ピーターの後ろに立つ匠海に視線を投げる。
「この人は?」
 ピーターと同じくボロボロの匠海に、少々不信感を持っているようだが、ピーターがああ、とすぐに答えを返す。
「この人はタクミ。オレを色々助けてくれた恩人で、友人だ」
「……」
 ピーターの言葉に、匠海が息を呑む。
 まさか、そんな返答をされるとは思っていなかった。
 朝、顔を合わせた時は露骨に嫌そうな顔をしていたピーターが、自分のことを「友人」として紹介するとは。
 だが、驚いていては怪しまれると思い、匠海はピーターの兄に軽く会釈した。
「こんなところでピーターの友達を紹介してもらえるとは思わなかったな。とりあえず寒かっただろう、二人とも中へ」
 そう言われ、匠海が家の中に招き入れられる。
「ピーターが客を連れてきたぞ。二人とも怪我してるみたいだからちょっと手当てしてやってくれ」
 二人を案内しながらピーターの兄が妻にそう声をかける。
「ジェシーはナースだからな、大した傷じゃなさそうだが放っておくのもよくない」
「……ありがとう、恩に着る」
 戸惑いながらも匠海が礼を言うと、ピーターの兄は匠海をじっと見て、
「もしかして、日本人?」
 そう、尋ねてくる。
 これはもしやピーターの二の舞か、などと思いつつ匠海が「生まれも育ちもアメリカで」と言うと。
 ピーターの兄は心底残念そうな顔をした。
「……もしかすると日本発のアニメジャパニメーションについて語り合えると思ったんだが……」
「……」
 まさかのオタクだった。
 この兄にして、この弟? と一瞬眩暈を覚える。
 いや、もしかして、ピーターが人種差別レイシズムに走ったのは兄がオタクになったからか? などと勘ぐってしまう。
 そんなことを考えているうちにジェシーと呼ばれた女性がピーターの治療を終え、救急箱を持って来る。匠海に服を脱ぐように指示、匠海が指示に従って服を脱ぐと彼女は手際よく傷の処置を始めた。
 細身ながらも引き締まった筋肉を持つ匠海の上半身、それを眺めながら、ピーターがぽつり、と、
「タクミ、お前マジで鍛えてんな……」
 そう、呟いた。
「だからカウンターハッカーは身体が資本だと」
 傷に染みる消毒液に顔をしかめながら匠海が答える。
 そんな匠海の許に、トコトコと近寄る影が一つ。
「……おじちゃん、だれ?」
 くりくりとした目をした少女が、匠海を見上げている。
「あ、ベス、もうちょっと待ってな」
 ピーターの兄が少女を抱き上げ、部屋を出ていく。
 それを視線だけで見送ったピーターが改めて匠海を見て、
「タクミ、どうした?」
 不思議そうにそう尋ねた。
「……あ、いや……」
 我に返ったように、匠海がピーターを見る。
「……ベスはやらんぞ」
「いらんわ」
 匠海が即答すると、ピーターが頬を膨らませる。
「なんだよあんな天使そうそういないのにいらないって即答はないだろー」
「……すまない」
 そう、謝罪する匠海が寂しそうな眼をしていることに気づき、ピーターは首をかしげた。
「どうかしたか?」
 気になって尋ねてしまう。
 すると匠海は絞り出すように、
「……もし、俺に子供がいたらあれくらいの年齢だったのかな、って」
「……」
 ピーターが思わず口を閉じる。
 「もし」ということは、匠海は実は既婚者だったのか、と勘ぐってしまう。
 だが、その直後に、傷の処置で上半身裸にされているのに指輪を通したチェーンだけは首にかけ直していることに気づく。
「……それ、ずっと付けてるな」
「……ああ」
「大切なものなのか?」
 あまりプライベートに踏み込んではいけないと思いつつも、ピーターは思わずそう尋ねていた。
 匠海が小さく頷き、指輪を握り締める。
「たった一つの、形見だからな」
 その一言に、ピーターが察する。
 匠海には将来を誓った相手がいた、だがもういない、と。
「……カズミって人か?」
 とうふが爆弾解体を終えた直後、匠海が呟いた名を思い出し、ピーターが尋ねる。
 どうしてその名前を、と言いかけた匠海がそうか、と一人で納得し、そうだ、と答える。
「……もう七年になる」
「……そっか」
 いたたまれなくなり、ピーターは匠海から目を逸らした。
 自分が思っていた以上に重い彼の素性に踏み込みすぎた、と反省する。
「ま、まぁオレにはそこまで大切に想える人がまだいないから、なんか羨ましい」
 それはそれで大切なことじゃねーの? と続け、ピーターは匠海の治療を終えた兄の妻ジェシーを見た。
「羨ましいわね、そこまで想えるのって」
 大切にしなさいよ、その想い、とジェシーが匠海に言う。
「でも、想いは大切だけど、それに潰されちゃダメよ」
 ――過去を大切にするのはいいが、引きずりすぎるな。
 先ほどタイロンに囁かれた言葉を思い出す。
 そうかな、と呟きつつ、匠海が服を着る。
「ま、湿っぽい話はここまでにしようぜ。ジェシーの作る七面鳥の丸焼きローストターキーは絶品なんだ。お前にもぜひ食ってもらいたくて」
 これが毎年の楽しみでさ、とピーターが言うと、匠海もそうか、と笑った。
 今にも崩れそうなその笑顔に一言物申したくなったピーターだったが、それをこらえ、立ち上がる。
「ほら行くぞ、ベスが待ってる」
 そう言って、ピーターは匠海を急かした。
 二人がダイニングに行くと、テーブルの上には既に料理がそろっており、美味しそうな香りを漂わせている。
「これは……すごいな」
 これがクリスマスの食卓か、と驚いたように匠海が呟く。
「だろ?」
 嬉しそうにピーターが匠海に自慢する。
「せっかくのクリスマスだからな、楽しまなきゃ!」
「おじちゃん、メリークリスマス!」
 ダイニングに入ってきたピーターの姿を認め、ベスが飛びついてくる。
 彼女を抱き上げ、ピーターは嬉しそうに笑う。
「クリスマスプレゼントちゃんと買ってきてあるからな。明日開けろよ」
「うん! ありがと!」
「それと、遅くなってごめんよ」
 ピーターが謝ると、ベスがううん、と首を振る。
「パパから、おじちゃんがなんか大変そうだって言ってたから。でもお友達連れてきて、おじちゃん、えらい」
 ベスにそう言われたピーターの顔はにやけっぱなしである。
 それを眺めながら、匠海は初めて経験するホームパーティーにふと、笑みを浮かべる。
 今は、自分の過去のことも和美のことも忘れよう、そう自分に言い聞かせる。
 ピーターの兄に案内され、テーブルに着くとジェシーが匠海の前に前菜オードブルの皿を置く。
 ピーターの兄からはシャンパンの入ったグラスを手渡される。
 ピーターの兄がシャンパンの入ったグラスを掲げる。
「それじゃ――メリークリスマス!」
「「「「メリークリスマス!」」」」
 ピーターの兄の言葉を音頭に、全員が声を上げる。
 それから、匠海は隣に座るピーターのグラスにそっと自分のグラスを合わせた。
「どんどん食べてね。七面鳥もあるから」
 乾杯をして一旦席を立ったジェシーが巨大な七面鳥が乗った皿を持ってきてテーブルに置く。
「相変わらず、すげえ……」
 ピーターが目をキラキラさせる。
 その様子を見て、匠海は彼が幸せに育てられたんだな、と思い、ふっと笑みをこぼした。

 

◆◇◆  ◆◇◆

 

 弾道旅客機SOPで僅か数時間のフライト。
 フェアバンクスからロサンゼルスへの直通便で戻ってきた匠海とピーターは空港の手荷物受取場でキャリーバッグを回収する。
「やっぱSOPってすげえな!」
 興奮冷めやらぬピーターがはしゃいでいる。
「でも、本当にいいのか? オレだってカウンターハッカー高給取りだし一応払えないことは……」
「気にすんな、どうせ俺はあまり金を使うことがないから」
 そう言う匠海の顔も若干にやけている。
「SOPって本当に成層圏まで飛ぶんだな。あの景色は凄かった」
 宇宙空間を間近に感じる深い蒼ディープブルー、あの光景は二度と忘れることはないだろうな、と匠海は思った。
「じゃ、俺たちもここで解散だな」
「そうだな」
 ユグドラシルとイルミンスール、同じカウンターハッカーとはいえ会社の違う二人がフェアバンクスから始めた奇妙な旅行はこれで全日程が終了した。
 若干の寂しさはあるが、これからいつも通りの生活に戻るだけ。
 「元気でやれよ」とキャリーバッグの持ち手を持った匠海を前に、ピーターが少し迷ったような顔をし、それからおずおずと右手を差し出す。
「……握手」
 緊張したような面持ちになり、ピーターがそう言う。
「べ、別にお前が違う人種だと意識しないようにしてるわけじゃないぞ。肌の色が違おうが中身がちゃんとしてたら関係ないってのはお前が教えてくれた」
「……不器用な奴だな、お前」
 思わず笑みをこぼし、匠海がピーターの手を握る。
「成長したな、ピーター」
「子ども扱いするない」
 少々むくれながらもピーターは匠海と固い握手を交わす。
「確かに今回はオレ、足を引っ張ったかもしれないけどさ。いつかはお前を超えてみせるからな!」
 手を離し、ピーターがそう宣言する。
 再び笑みをこぼし、匠海は次に不敵そうな笑みを浮かべる。
「楽しみにしてるぞ、ルキウス」
 次会う時は敵同士か? などと言いながら匠海が踵を返す。
 ピーターに背を向けながらも片手を挙げてひらひらと振り、歩きはじめる。
「……アーサー!」
 匠海の背に、ピーターが声を投げかける。
「無茶すんなよ! お前、無茶してばっかりだから!」
 ああ、心に留めておくよ、そう心の中で応え、匠海は空港を出た。
『タクミ、この後どうするの?』
 空港を出た瞬間、妖精が匠海に尋ねる。
「あー……」
 そう声を上げ、匠海が空を見上げる。
「……ジジイのところに行くか」
 久しぶりのロサンゼルスロスだ、そういえば『ランバージャック・クリスマス』の時に別のテロに対処していたというがそれは大丈夫だったのだろうか。
 こちらのあらましを説明するためにも、匠海はバスの時刻表を見て小さく溜息を吐いた。

 

 白狼しろうのアパートのインターホンを鳴らす。
 応答があるまで、何度か息を吐いて心を落ち着ける。
 ややあって、ドアが開いた。
「……おお、匠海か」
 中から出てきた白狼は、目の下に大きな隈を作り、かなりやつれているようだった。
「ジジイ、大丈夫か?」
 思わず、匠海がそう声をかける。
「……流石に、この歳で、エナドリブーストでの、二徹は、堪える……」
 ある意味、自分より酷い有様だった。
「何やってんだよ、っていうか、何があったんだよ」
 あの亡霊級魔術師マジシャンでありウィザード級魔法使いウィザードの白狼がここまで消耗するとは余程のことがあったのだろう。
 白狼が「とりあえず入れ」と匠海を招き入れる。
 白狼の部屋は荒れに荒れていた。
 エナジードリンクの缶とカフェイン錠の箱、エナジーバーの袋、ゼリー飲料のパウチが散乱している。
「……二十五日昨日、やっと片がついてな……」
 立ってるのも辛いから座らせてもらう、と白狼がリビングの床に腰を下ろす。
 その向かいに座り、匠海は心配そうに白狼を見た。
「ジジイが言ってた『世界規模のテロ』か?」
 ああ、と白狼が頷く。
「ジジイがここまでやられるなんて……あの時は詳しく聞けなかったが、一体何だったんだ」
 もしかしてこちらを手伝った方がよかったのか、いや、自分がいなければ『ランバージャック・クリスマス』も完遂されていたかもしれない、そう思いながらも匠海は詳細を聞き出そうとする。
 ああ、と白狼が頷く。
「……世の中の、リア充を憎む非モテ魔術師が手を組んでな……リアル『リア充爆発しろ』を実行しようとしていた」
「……」
 それは大変だ、確か「特定の条件を満たした人間を一人残らず殺す」と言っていたしな、リア充の事だったか、と匠海が納得する。
「『リア充爆破ッカー』はウィルス感染したオーグギアの連絡先と位置情報からカップルを判定してな、一定距離に入るとバッテリーを暴走、爆破させようとしていた。ガウェインの万物灼き尽くす太陽の牙ガラティーンもバッテリー破壊系だが、あれは人体には影響が少ないレベルだったのに対してあいつらはガチで大爆発する暴走のさせ方でな、爆発してたら確実に頭が吹っ飛んでいた」
 誰だよ『リア充爆破ッカー』という名前つけたのは、と思いつつも匠海はこれが二徹もするほど大変だったのかと疑問に思う。
 白狼ほどの腕前ならこの程度、難なく捻ることができると思っていたが。
「数人程度だったら問題なかったんだがな、まさか数百人単位で結託してるとは思わなかった。旅行中のお前の手を借りるのも申し訳ないと思って声を掛けなかったがお前から『手を貸してほしい』と言われた時は、な……」
「……」
 まさか数百人単位での大規模なテロが発生していたとは。
 しかも白狼の口ぶりだとその全てを一人で対応した、としか考えられない。
「なに無茶してんだよジジイ、他に手を借りれなかったのか」
「そりゃ……幸せそうなカップルを引き裂いてまで手伝ってもらうことなんてできないだろうが」
 ――ジジイはそういう人間だった。
 だからと言ってここまで無茶する必要があるか、と匠海は思う。
 これはジジイを休ませるのが先決だな、と思い、匠海は白狼を抱えて起こし、ベッドに誘導した。
「とりあえず寝ろ」
「……『ランバージャック・クリスマス』を阻止したそうだな」
 ベッドに寝かされた白狼が匠海にそう言う。
 え、と匠海が声を上げる。
 あれはアラスカの地域深層ローカルディープで展開されていたテロだ、接続できない白狼が知るはずがない。
「儂も知ったのは昨日だがな。『第二層』にアラスカで『ランバージャック・クリスマス』が計画されていて、それが四本の世界樹に核ミサイルを撃ち込むことだった、という書き込みがあってな。アラスカで、世界の危機となるとお前が巻き込まれたのはこれか、と」
 お前も大変なことに巻き込まれたんだな、と白狼が呟くように言う。
「……お互い、無事でよかった」
「ジジイは全然無事じゃないだろ」
 もういいから寝ろ、と匠海が再び言う。
 そうだな、と白狼が頷く。
「すまんな匠海、手伝えなくて」
「……ジジイ」
 匠海がそう呟くも、白狼は眠ってしまったのか反応はない。
 ブランケットを肩まで掛け、匠海は立ち上がった。
「俺は大丈夫だった。頼りになる仲間に出会えたからな」
 眠っている白狼にそう言い、匠海は静かに家を出た。

 

◆◇◆  ◆◇◆

 

 十二月二十八日。
 一週間ぶりに出勤した匠海はとうふによって設定された入館禁止処理出禁が解除されていることを確認してオフィスに入り、自分のブースに向かう。
 ……と、その前にとうふに呼び止められた。
「おい匠海アーサー
「なんだ?」
 二十四日のことで何か言われるのか、と身構えた匠海に、とうふが奥の応接室を指差す。
「最高責任者がお前に話があるそうだ」
「げ、」
 やばい、と匠海が呟く。
 アラスカで行ったあれこれがバレたのか、特にスマートガンの制限解除はあの後設定し直したとはいえバレていれば首が残るかどうか。
「……行かないと、ダメ?」
「行け」
 いつになく強い口調でとうふが命令してくる。
「……分かった、俺の荷物、まとめといてくれ……」
 力無くそう言い、匠海はとぼとぼと応接室に向かって歩きだした。
 応接室に入ると見慣れた最高責任者どころかNile社CEOまで来ており、予想していた話の重要度が爆上がりする。
 これは確実にクビだ、しかも司法取引でNile社入社を条件に釈放されているのである。ここでクビとなると釈放条件が全て消え――
 人生終わったな、と匠海は覚悟した。
 釈放条件が消えてしまえば収監は必至、今回の件も含めて行ったことを考えると終身刑は免れない。
 それでもいいか、と匠海は考えた。
 妖精の行く末を見ることができなくなるだろうことが心残りではあるが他に思い残すことはないな、と気付かされる。
 ドアがノックされ、とうふが入室する。
 そこで全員が揃ったらしく、最高責任者が口を開く。
「永瀬君、君という人間は相変わらず無茶をする」
 アラスカに行ってまで何してるんだ、とやや呆れ声の最高責任者。
 匠海は何も答えない。
「アラスカで散々ハッキングしまくったそうじゃないか。キャリブレーションデータを漁ったり複数人にSPAM送りつけた挙げ句会社支給のスマートガンをハッキングして殺傷エリミネイト解除までしたとか」
 うわあ、どこまで認識してるんだ会社は、と匠海は平静を取り繕いながらも話を聞いている。
 これは収監どころか賠償請求されるかもしれない、とふと考える。
 だが、そこまで言ってから最高責任者はふっと笑った。
「『ランバージャック・クリスマス』なるテロを阻止したそうだな」
「どうしてそれを」
 思わず、匠海が声を上げる。
 あの時、アラスカで起こったことの詳細を匠海は誰にも話していない。
 とうふには協力してもらった手前話すつもりではいたがその前にここに呼ばれている。
 最高責任者が口を開く。
「なに、当局から連絡が入ってな。先日逮捕されたイーライ・ティンバーレイクがアラスカでテロを実行しようとしたが阻止された、それを阻止したのが君とイルミンスールのカウンターハッカー、ピーター・ジェイミーソンだと」
「それは……」
 イーライが自供するとも思えない。そう考えると。
「逃亡したイーライを捕縛したバウンティハンターが協力者として君達の名を挙げた。相当の違法行為を行ったがテロを阻止するためだったから罪に問うなと」
 タイロンが話したのか、と匠海が納得する。
 タイロンは彼なりに匠海たちの違法行為を認識していたということか。
 匠海がそう思っているとCEOが立ち上がり、匠海の横に立つ。
 その手を握り、CEOは、
「君のおかげでユグドラシルは、いや、世界が救われた。我々としても君のような優秀なカウンターハッカーがいて鼻が高い」
 そう、にこやかに匠海に言った。
「……はあ、」
「このことは大々的に宣伝させてもらう。もちろん、君のことは特定できるように出さないが世界を救えるほどのハッカーがユグドラシルを守護しているのだと言うくらいは構わないだろう?」
「……それは、まあ」
 歯切れ悪く匠海が同意する。
 そんな匠海には構わず、CEOは最高責任者にも声をかける。
「こんな逸材を見つけてくるとは君もやるな」
「ユグドラシルの中枢に入れるほどの実力ならと思いまして」
 七年前、匠海をユグドラシルにスカウトしたのもこの最高責任者だった。
 それ以来何か大事があれば顔を突き合わせる仲ではあったがここまで買ってくれていたとは。
「犯罪者枠でなければもっと上に立たせたいものです」
 匠海がチームリーダーとはいえ平社員の立場に甘んじているのは「犯罪者枠」という枷があるから。
 だが、かと言ってとうふのような管理職に収まる気も彼にはなかった。
 常に最前線で悪意のある魔術師マジシャンとぶつかり合いたいと。
 CEOが再び匠海を見る。
「ここまでの実力者だ、もし君が望めば枠関係なしにもっと上の席を用意してもいいが?」
 そんなことを提案してくるが、匠海は、
「その話はお断りさせていただきます。私の居場所はこの、監視室だと思っていますので」
 そう、即答した。
 そうか、とCEOが呟く。
「だが、もし気が変わったら遠慮なく言ってくれたまえ。話は通しておく」
 その言葉に匠海が小さく頷くと、最高責任者が「話は以上だ」と伝えてくる。
 二人に軽く会釈、匠海がとうふと共に退室する。
「あ、出てきた」
「マジか、せっかくの話蹴るのかよ」
「いやでもやっぱ監視室ここにはアーサーがいないとな」
 いつの間にか集まっていたカウンターハッカー仲間が応接室の前で聞き耳を立てていた。
「「……」」
 匠海ととうふが顔を見合わせる。
 そして、
「お前ら働けーーーー!!!!」
 匠海の一喝が、監視室全体に響き渡った。

 

The END.

Topへ戻る

 


 

この作品を読んだみなさんにお勧めの作品

 AWsの世界の物語は全て様々な分岐によって分かれた別世界か、全く同じ世界、つまり薄く繋がっています。
 もしAWsの世界に興味を持っていただけたなら、他の作品にも触れてみてください。そうすることでこの作品への理解もより深まるかもしれません。
 ここではこの作品を読んだあなたにお勧めの作品を紹介しておきます。
 この作品の更新を待つ間、読んでみるのも良いのではないでしょうか。

 

  世界樹の妖精 -Fairy of Yggdrasill-
 本作へと続く「最初」の作品です(時系列的には書籍版の前日譚『鏡の夜を越えて』が先になります)
 オーグギアと呼ばれるARデバイスが普及した世界で、世界樹と呼ばれるメガサーバを守るカウンターハッカーである主人公の匠海が、「妖精」と呼ばれるAIを巡る戦いに巻き込まれる物語です。

 

  Vanishing Poit
 本作と同じ蒼井 刹那による作品です。
 異なる惑星「アカシア」で暗殺業を営む3人の物語。
 本作とは異なるサイバーパンクの世界をお楽しみください。

 

  常に死亡フラグ~Desperately Harbinger~
 本作はガンアクションが何度か出てきます。
 そんなミリタリーな要素が気に入ったあなたにはこの作品がお勧め。
 研究所から逃げ出したらしい少女を助けた空軍パイロットの物語です。

 

 そして、これ以外にもこの作品と繋がりを持つ作品はあります。
 是非あなたの手で、AWsの世界を旅してみてください。

 


 

「いいね」と思ったらtweet! そのままのツイートでもするとしないでは作者のやる気に大きな差が出ます。

 マシュマロで感想を送る この作品に投げ銭する