A-AWsベーシック 戦闘セクション

 

 

   本ルールの意義

   地形の一覧

     基本

     侵入不可能マス

     構造物マス

     遮蔽物マス

     霧中マス

 

 

本ルールの意義      

 

 戦闘セクションのメインページに記述されている通り、A-AWsベーシックにおける戦闘フィールドは5×5のシンプルなものを想定している。しかしシナリオからの要求や、プレイヤーキャラクターの強さ次第ではこのようなシンプルなフィールドでは充分に要求に応えられない事も多いだろう。

 本ルールは戦闘フィールドに「地形」という要素を加え、やや複雑にするためのルールである。

 

 

▲上に戻る

 

 

 

地形の一覧      

  基本

  侵入不可能マス

  構造物マス

  遮蔽物マス

  霧中マス

 

基本 
 戦闘フィールドは方眼紙を使って表すことを推奨している。そのため、本ルールにおける地形の表現方法は方眼紙に特定の記号を記述する事で表現するように指示している。その記号があるマスは本ページに記載されている通りに扱う事。
 特殊ルールに特定地形のルール変更がある場合はそれに従う事。

 

侵入不可能マス 
 右上から左下に斜線を引かれたマスは「侵入不可能マス」だ。川や池のような水場や崖の向こうのような足場のない場所など、視界は通るが歩くことの出来ない地形であることを示す。
 このマスはユニットが移動先にすることも移動ルートにすることもできない。
 それ以外は通常のマスと同様の扱いにして良い。

 

構造物マス 
 右上から左下への斜線と左上から右下への斜線で構成されたバッテンのついたマスは「構造物マス」だ。ビルや岩といった、視界の通らない構造物が存在していることを示す。
 このマスはユニットが移動先にすることも移動ルートにすることも、攻撃の対象にする事も出来ない。また、このマスの向こう側を遠隔攻撃の対象にすることが出来ない。

 

遮蔽物マス  
 マスの真ん中に左右、もしくは上下に一本の線を引いたマスは「遮蔽物マス」だ。コンクリート障壁やバリケードのように乗り越える事は出来るが、向こう側に射撃を行うには近接していなければならない遮蔽物が存在している事を示す。
 このマスは攻撃の対象にすることが出来ず、ユニットが通過する事はできるが、移動先にする事が出来ない。
 また、このマスの向こう側を遠隔攻撃の対象にすることが出来ない。ただし、遠隔攻撃を行うユニットが隣接している遮蔽物マスは無視して良い。

 

霧中マス 
 丸い円が書かれたマスは「霧中マス」だ。霧や無視界戦闘を行う兵器だけの戦闘におけるジャミング等、移動は可能だが、視界が通らない状態になっている事を示す。
 このマスは移動先にする事も移動ルートにする事も出来るが、このマスにいるユニットは隣接している敵以外に遠隔攻撃が行えず、逆にこのマスにいる敵を隣接時以外に遠隔攻撃の対象にする事も出来ない。
 また、このマスの向こう側を遠隔攻撃の対象にすることはできない。

 

※今後の拡張について
 所謂移動コストや、高度(ハイト)の概念などは今後特殊ルールとして実装予定

 

▲上に戻る