特殊ルール-可変アイテム

 

 

   特殊ルールとは

   可変アイテムとは

   アイテムルール変更点

   戦闘ルール変更点

   ブーストルール追加

   追加原成功要素

 

 

特殊ルールとは      

 

 GMが任意に使用の有無を選択出来るルールである。極めて小規模なサプリメント、アドバンストルールだと考えれば良い

 

 

▲上に戻る

 

 

 

可変アイテムとは      

 

 例えば斧と剣の二つの形態をもつ武器とか、剣と銃の二つのモードを持つ武器とか。
 これまでは「斧モード」「剣モード」のように形態名モード名を武器の成功要素にしてきた物を、「斧攻撃/剣攻撃」「斧攻撃/剣攻撃」のように変形を前提とした一つの成功要素にすることが可能になる。

 

▲上に戻る

 

 

 

アイテムルール変更点      

 

・アイテムを作成する時、アイテムの名称に「(可変)」と付けて良い。(可変)とついたアイテムは可変アイテムとなる。
・可変アイテムは成功要素を「A形態の成功要素/B形態の成功要素」の形で取得する。この二つの成功要素を持った成功要素のことを「可変成功要素」と呼ぶ。この成功要素は左モードと右モードで区別する。どちらがどちらのモードなのか統一して記述すること。(以降、解説用の便宜上名称として左モード、右モードを使用する)
・望むなら、どちらの形態でも使える成功要素としてスラッシュのない成功要素を付与しても良い。
・可変したそれぞれの形態に名称をつけたい場合、(可変)のかっこの中に(可変 Aモード/Bモード)の形で記述して良い。可変成功要素と同じく左か右で区別する。どちらがどちらのモードなのか統一して記述すること。

 

・ただし、各ユニットが装備可能な可変成功要素の数は「可変武器技能」の能力値の数までである。

 

・従来のアイテムと同じく、使用した成功要素は消失する。可変成功要素もどちらか片方を使った時点で両者が消失する。



 

▲上に戻る

 

 

 

戦闘ルール変更点      

 

 マイナーアクションに「可変アイテム変形」が追加されます。

 

「可変アイテム変形」……可変アイテムを一つ選びそのモードを変形します。左モードなら右モードに、右モードなら左モードに。



 

▲上に戻る

 

 

 

ブーストルール追加      

 

 以下のブーストを追加する

 

可変アイテム緊急変形
可変アイテムを装備している場合にのみ使用可能。所持している可変アイテム一つ、もしくは任意の数を変形させる。左モードなら右モードに、右モードなら左モードに。

 

▲上に戻る

 

 

 

追加原成功要素      

 

[可変武器使い] 可変武器技能
可変武器を使いこなす原成功要素

 

[可変能力使い] 可変武器技能
可変する能力を使いこなす原成功要素

 

[可変部位使い] 可変武器技能
可変する部位を使いこなす原成功要素

 

 

▲上に戻る