特殊ルール:長物武器

 

 

   特殊ルールとは

   長物武器とは

   戦闘ルールの変更点

   ブースト効果の裁定

   射線妨害の適応

   イニシアチブ・ドミネーションへの変更

   反撃態勢への対応

   地形ルールへの対応

   追加原成功要素

 

 

特殊ルールとは      

 

 GMが任意に使用の有無を選択出来るルールである。極めて小規模なサプリメント、アドバンストルールだと考えれば良い

 

 

▲上に戻る

 

 

 

長物武器とは      

 

 長物武器は槍やハルバード、戟など、通常の近接武器より遠くを攻撃したり、近距離のなぎ払いをおこなったりすることが出来る武器の事だ。
 本ルールを導入する事で、周囲直前二マスを攻撃したり、近距離をなぎ払ったりといった攻撃を行えるキャラクターを再現できる。

 項目名は分かりやすさを優先し「長物武器」だが、特殊記述やアクションの名称は「長物攻撃」なので注意

 

 

▲上に戻る

 

 

 

戦闘ルールの変更点      

 

 メジャーアクション時に実行可能なアクションに「長物攻撃」と「なぎ払い」が加わる。

 

「長物攻撃」は、長物攻撃を行う。自身と隣接するマスへの攻撃は能力値を1/2とする。この攻撃は「射程:隣接」の攻撃と同様のものとして扱う。射程:隣接及びその隣接マスと自身の同一直線1マス
「なぎ払い」は、長物攻撃を行う。この時、能力値は1/2とする。この攻撃はこのユニットの攻撃可能射程の換算に含まない。射程:隣接のうち1マスのその左右もしくは上下の自身を含まない方 最大捕捉:3

 

 

▲上に戻る

 

 

 

ブースト効果の裁定      

 

 最大捕捉ブーストを使用する時、同じ方向の隣接する直線二マスを同時に攻撃する場合(貫通させるイメージ)と、方向さえ異なる別のマスを同時に攻撃する(文字通り複数の方向へ攻撃する)場合では、ブーストの選定基準はそれぞれ異なるはずである。
 GMはこれを意識して裁定すると良い。

 

 

▲上に戻る

 

 

 

射線妨害の適応      

 

 長物攻撃は、射線妨害の対象となる。

 

 

▲上に戻る

 

 

 

イニシアチブ・ドミネーションへの変更      

 

 イニシアチブ・ドミネーションの移動時に適応される効果の範囲が「隣接マス」から、「隣接するマスと更にその一マス先の一マスの直線二マス」に変更する。

 

 

▲上に戻る

 

 

 

反撃態勢への対応      

 

 「長物攻撃」を使用する場合に限り、隣接するユニットからの攻撃だけでなく「長物攻撃」の射程内のユニットから攻撃を受けた場合にも反撃態勢の効果を実行することができる。

 

 

▲上に戻る

 

 

 

地形ルールへの対応      

 

 長物攻撃は遮蔽物マスと隣接していても、遮蔽物マスを無視して向こう側を攻撃する事は出来ない。

 

 

▲上に戻る

 

 

 

追加原成功要素      

 以下の特殊記述「長物武器」を持つ原成功要素3つを追加する

 

[長物武器] 長物攻撃
長物武器の所有、取り扱いについての原成功要素

 

[長物部位] 長物攻撃
長物武器のような射程や性能を持つ部位についての原成功要素

 

[長物能力] 長物攻撃
長物武器のような射程や性能を持つ魔術や能力についての原成功要素

 

▲上に戻る